価値分析講座

価値分析講座2020-C1 2020-C2 2020-C3
価値分析講座
開催概要主催 価値創造型企業支援研究所
日時 2020-C1 2020年7月15日(水) 22日(水) 29日(水) 18:30~20:30
日時 2020-C2 2020年11月11日(水) 18日(水) 25日(水) 18:30~20:30
日時 2020-C3 2021年3月17日(水) 24日(水) 31日(水) 18:30~20:30
方法 オンライン方式(Zoom)で実施します。
   (各回合計で6時間+3週間のサポート)
定員 各回12名まで
内容本講座は、講師が作成したテキスト(事前に郵送)を基に実施します。またワークシートは事前にメールにて添付配信します。各コースともイノベーションを実現できる課題解決をする際の方法を、事例を基に、ポイント講義後毎回ワークシートを基に各人で演習をしてもらいます。グループワークは行いませんのでご安心ください。1回目は価値を生み出すための心構えや方法を学びます。2回目は価値を生み出す上での創造的開発能力を発揮できる人間に必要は鉄則や方法を学びます。3回目は提案レベルでは絵に描いた餅ですので、それを具現化する上で身につけなければならない鉄則や方法を学びます。各回で作成したワークシートは[講義+演習]の実施日の翌日までに、講師にメール添付してください。各人の内容を添削し、次週開始時までに返信します。したがって、参加者は各人の演習課題(実務内容、自身の趣味内容、社会貢献内容など、興味があり、現状が問題である)と感じているテーマを決めて参加ください。その課題を600字程度にまとめて参加ください。なお、本講座開始日から3週間以内であれば、本件に関してのご質問にお答え申し上げます。
講師略歴櫻井 敬三(さくらい けいぞう)
日本経済大学大学院 特任教授、創研テクノロジー 代表、価値創造型企業支援研究所 所長、生産財メーカーに37年間勤務後、東京工業大学・金沢星稜大学、その後現職。企業内では開発・生産性向上活動・ライン業務(調達・情報通信ほか)。新たな新製品や新事業立ち上げ活動を実践。固有技術(冷凍技術、半導体製造設備技術、生産技術(鋳物・プレス・加工等))、管理技術(VA,WD,TPM,QC,小集団活動マネジメント,経営診断ほか)、マネジメント(購買管理、工場管理、事業管理、人事管理など)。 研究活動は総合的生産性向上と技術革新、イノベーション創出製品化モデル、技術経営など。日本創造学会第12代理事長、日本VE協会東日本支部長ほか歴任。
対象社会人、学生、老若男女 どなたでも参加可能です。
参加費28,600円(消費税・テキスト代・ワークシート代及び3週間のバックアップ支援を含む)
参加お申込みについて第1日目開催日の1週間前までにお申し込みをお願いいたします。申し込み後、参加費の振込先は当研究所からご連絡します。振込確認後、テキストを指定住所に送付し、ワークシートは開催日前日までにメールにてお送りいたします。

価値分析講座申し込み